p-mag

恋愛相談/心の栄養

元彼を思い出してしまって困る… /なぜ思い出してしまう?

f:id:pua-tokyo:20181225000130j:plain

 

恋愛ドラマを観たときや、友人の恋愛事情を耳にしたとき。

ふとさみしくなったとき。

昔付き合っていた恋人のことを思い出すことがあります。

 

「もうとっくに好きじゃないのに、なんでだろう?」と思うかもしれません。

 

いずれにしても、思い出してしまう理由というものは、いくつか存在します。

 

 

まだ別れた恋人のことが好きである

 

別れた後でも、まだ好きという気持ちがある。

そんなときは、やはり忘れようとしても忘れられないでしょう。

 

好きという気持ちを封じ込めようとするのは、至難の技です。

スイッチのオンオフのように、指ひとつで気持ちを切り替えることは、できません。

 

 

次に進みたいと思える相手に出会っていない

 

まだ次の恋愛に期待できるような人に出会っていない場合にも、元カレ・元カノを思い出すことがあります。

 

その理由は後述しますが、好きという感情がなくとも、次に進みたいと思えるような相手がまだいないときは、うまくいっていたときの恋愛を思い返してしまうのです。

 

 

もう思い出したくないなら。

 

もう終わった恋愛に振り回されたくない。

 

そう思うのであれば、新しい恋愛ができることを目指すべきです。

なぜなら次の期待できる恋愛に出会えたら、もう思い出さなくなるからです(思い出すことはあっても、ネガティブな感情はほとんど起きない)。

 

私たちは、今が楽しい!と思えているとき「現在やその先の未来」を見ようとします。

反対にうまくいっていないときは、「うまくいっていた過去」を見てしまうのです。

過去の栄光にすがる、という表現もあるくらいですから、あまり過ぎ去ったことに執着しすぎない方が、あなたの人生においては建設的だと思われます。

 

たとえば自分磨きに勤しんだり、たくさん遊んだりして、できるだけ楽しいと思えることをやってみる。

ときには昔を振り返ることがあってもいい。その行き来の間で、新しい出会いや出来事が起こると、私たちは思っています。