p-mag

恋愛相談/心の栄養

【片思い】「彼氏がいらなそう」と思われて困る

f:id:pua-tokyo:20181223183816j:plain

 

・恋愛したいけど、異性から「彼氏がいらなそう」と思われていて困る

・「〇〇って、彼氏いなくても、一人で大丈夫そう」と言われてしまう

 

そんな悩みを抱える女性は、多いです。

「私だって、甘えたいときくらいあるし」と思っているのに、周りからそうは見られていないこと。

また、異性とデートに行っても、相手より自分の方が余裕があったりして、あまりドキドキできず、なんだかなぁと思ってしまうこと。

そのせいで、恋愛のチャンスを逃してしまっているのではないか、と思ってしまうから、不安を感じてしまっているのでしょう。

 

なぜ、「彼氏がいらなそう」「一人でも大丈夫そう」と思われてしまうのでしょうか。

 

考えられるのは、そもそも「恋愛に関心自体なさそう(他に熱中していることがある)」と思われている可能性です。

たとえば学業や趣味、仕事などに専念しているとか、恋愛以上に優先順位が高いものがあって、それに打ち込んでいる姿を見たときなどがそうです。

 

また、それと相まって、普段から「人に頼らなそう」「しっかりしている」といったイメージがあなたにあると、「隙がない」「弱いところを見せない」という印象を与えてしまうことが多いのです。

(あなた自身からすると、「私だっていつもそうじゃないし、そんな完璧な人間じゃない!」という思いもあるでしょう。)

 

 

「プラスアルファ」で補う

 

「だったら、自分の性格を変えたらいいの?」という疑問を抱くでしょうが、結論から言うと、変える必要はありません。

なぜなら、あなたのその性格がそのまま、あなたの良さでもあるからです。

 

性格とは、あなたの一側面に過ぎません。それが当てはまる場面もあれば、そうじゃない場面もある。

 

たとえば、

・他人に優しいが(優しいゆえに)、自己主張ができない。

・論理的に物事を考えられるが、他人の感情には疎い

など、その性格がうまく働いている場面もあれば、足を引っ張っている場面もあるのです。

コインのように、物事には裏と表があります。一見とても優れていることも、ある視点からは劣っているもの。だとしたら、もともとあるあなたの性格を変えようとするのではなく、そこはそのままに、「プラスαで補う」ことが効果的でしょう。

自己主張が苦手だからといって、他人への配慮や優しさを無くすのは効果的とは言えません。

優しいというベースはそのままに、「自分の意見を言うべき場面で、きちんと言えるようにする」ことを身につけた方がよっぽどいい。

 

一度築いたものを壊すのではなく、積み上げて大きくするのです。

 

 

とっつきやすさを作る

 

「一人で大丈夫そう」と思わせてしまう性格を変えずに、何かプラスαを補うとしたら、何がいいのでしょう。

 

私たちがお勧めするのは、「とっつきやすさ」です。たとえばあなたは、普段から「素直な表現」で物を言っているでしょうか。

恐らくですが、あまりしていないのではないかなぁと思います。

 

「嬉しい」「楽しい」など、感じたままを言葉にすることは、人柄が伝わりやすいです。そしてそれが自分と近しい感性だった場合は、親近感を覚えます。

他にもプラスαは色々ありますが、そこは人によって様々な部分でもあるので、ここでの言及は控えます。

 

あなたの性格とは、「幹」です。それはあなたの「軸」でもあります。

その軸はそのままに、少しずつ枝を増やしていって、見栄えのいい立派なものを目指すのがベストなのです。

 

f:id:pua-tokyo:20180623234723j:plain

 

 「彼氏がいらなそうな自分」「一人で生きていけそうな自分」。

大いに結構! そこにある「良さ」を否定しないこと。変化が必要なのではなく、足りないだけだということ。その部分を見極めて、プラスαで補うことで、あなたの魅力はより一層高まります。

 

あなたの指針となれば、幸いです。