p-mag

恋愛相談/心の栄養

「あんなこと言わなきゃよかった」と後悔… でも、それでいい。 / 信じた道を進むのが恋愛だ

f:id:pua-tokyo:20181216185922j:plain

 

「あのときあんなこと言わなかったら、こうはならなかったのに・・・」

 

そうやって悔やむことが、誰にでも一度くらいは、あるでしょう。

 

ですが、恋愛において、それは自然なことといえます。なぜなら、答えのある恋愛など、ないからです。

 

 

恋愛の行方は、誰にも分からない

 

「何を当たり前のことを?」と思った方もいるでしょうか。

 

恋愛とは、数学の問題のように、答えが決まっているものではありません。

 「こうすれば、こうなる」とか、「こうすれば正解」といった明確な答えは、ないのです。

 

 だからこそ、時に苦しんだり、時に思い悩んだりしていくわけです。

 

f:id:pua-tokyo:20181025051422j:plain

 

「言わなかったらよかった」

それは確かにそうかもしれません。

 

もう少し良い言い方があったかもしれませんし、例えばそれが別れることの決定打になったかもしれません。

 

ですが反対に、「言わないでいた方がよかった」とも言い切れません。

言わずに我慢したことが、いずれ別れる結果になるのを「延命」しただけに過ぎなかったなどということも、あり得る話です。

 

繰り返しますが、その恋愛がどうなるかなんて、誰にも分かりません。

目の前のことに一生懸命悩んで、自分なりに「これでいい」と信じた行動を取るしかないのです。

 

それがたとえ、悪い結果を招くことになったとしても、です。

 

 

「どうしようもないこと」もあると知っておく

 

「恋愛には、何をどうしたって、うまくいくこと、いかないことがある」。

それを知っておくことで、自分が取るべき行動というのは、見えてきます。

 

なぜなら、誰もが恋愛で不安や恐れを抱きますが、そんな中、ネガティブな考えで雁字搦めにならず、納得のいく決断を下すことができるようになるからです。

 

誰にも未来は見えない分、たくさん思い悩んで、自分の信じた道を進むよりほか、ないのです。 

 

 

 

「幸せな恋愛がしたい」

 

そんな、究極の願いを叶えるために、私たちと一緒に、恋愛を学びましょう。

 

幸せな恋愛をするために自分ができること、できないことを知る。

何か悩み事があったときに、すぐ相談できる専門家が身近にいること。

 

この両方を、今すぐ手に入れてください。