p-mag

恋愛相談/心の栄養

スマートなデートとは? / デートに行く前に読むべき心構え

f:id:pua-tokyo:20181214140253j:plain

 

たとえば、

片思いの相手との初デート

彼氏との記念日デート、

クリスマスデートなど

 

好きな人とのデートには、期待を寄せてしまうものですよね。

 

お互い楽しい時間を過ごせて、より仲を深めることができれば、そのデートは大成功。

 

お互いの距離もぐっと縮まることでしょう。

 

 

スマートなデートとは

 

いかに相手を気遣って、スマートにデートができたか

デートの満足度は、ここに依拠しています。

 

なぜなら、当然ですが、お互いが心地よく過ごせないと楽しくないからです。

 

 

・自分勝手にプランを決めるデート。

・相手に「どうするどうする?」と聞きまくるデート。

 

どちらのデートであっても、残念な結果に終わるというのは、容易に想像できます。

 

 

スマートなデートとは、

相手がどうしたいのかを考慮した上で、自分のしたいことと照らし合わせ、最終的にどうするかを決めていくものと言えます。

 

 

ですが、

相手の意向を汲んでデートをするというのは、なかなか労力がいることなのです。

 

 

「すり合わせ」は難しい

 

何も言わずとも、自分の思っていることを汲み取ってもらえたら、それは最高級に素晴らしいことです。

 

ですがなかなか、そうはいきません。

 

だからこそ、相手はどう思っているのかを把握して、それに対して自分の要望とすり合わせを図ることが、大切になってきます。

 

デートとは、まさにそれが顕著に現れる例です。

 

 

たとえば、食事に行く際には、「どこで」「何を」食べるか、決めなければなりません。

 

それには、相手と自分の希望をうまく折衷する必要があります。

 

自分が食べたいからといって、それを相手に強制したり、逆に「なんでもいいよ」とすべて相手に任せるのも、すり合わせを放棄することにつながります

 

 

 

「好きなものって何?」「これ食べたいとかある?」などを聞いて、相手からの返事を考慮し、自分の希望ともうまく組み合わせ、「じゃあこことかどうよ」と提案する。

 

こうして二人の意見を一致させることは、はたからだと見えずらいですが、大変なことなのです。

 

 

 

 デートの理想形を持っておく

 

たとえばデートに緊張して、精神的に余裕がなかったり、相手への想像力が足らなかったりすると、相手から意見を引き出すことがおろそかになったりします。

 

かなり強く意識していないと、相手の意向を汲むことは難しいもの。

 

 

いつでも実践することは難しいかもしれませんが、スマートなデートの理想形として、あなたの頭の中に置いてもらえたら、と思います。