p-mag

恋愛相談/心の栄養

「別れたい」と言われたとき / 彼氏と別れそうだ

f:id:pua-tokyo:20181212143351j:plain

 

「彼氏にフラれそう…」

「別れたいって言われた」

 

そんなとき、何とかして繋ぎ止めたいと思うのは、誰にでもあることでしょう。

 

好きで仕方ない相手から別れを切り出されたら、少なからずショックを受けますし、「なんで?」「まずは理由が聞きたい」と問い詰めたくなるのも、自然なことです。

 

 

別れを切り出されたとき。

あるいは、別れを切り出されそうなとき。

 

 

そんなときは、できる限り、別れるまでの時間を取ることを心がけてください。

 

つまり、すぐに答えを出そうとしないことです。

 

 

それはなぜか。

 

波風が立った心のまま決断を下そうとしても、ほぼ間違いなく後悔することになるからです。

 

 

別れ際のときに、冷静かつ心を穏やかに保てる人は、なかなかいません。

 

特に付き合ってからたくさんの気持ちを共有しあった恋人同士なら、尚更のことです。

 

 

・なぜ彼は別れたいと思っているのか

・自分は今、彼に対してどう思っているか

・どうしていきたいか

 

など、自分の素直な感情や気持ちを、きちんと把握する時間が必要だと言えます。

 

 

f:id:pua-tokyo:20181031234409j:plain

 

 

私たちが恋愛相談に乗る際、よく、 

大きな決断を下すときほど、心は整理しておくべきだと伝えています。

 

 

不安や恐れを抱いたまま先へ進むより、「この道でいいんだ」と自分で納得感を持って進む方が、あとになって悔やむことは、少ない。

 

 

それは、「別れるとき」も同じです。

 

 

まずは波打つ心を一旦穏やかにする時間が必要で、すぐに結論を出すのは控えるべきなのです。

 

 

 

別れの理由に執着しすぎない方がいい

 

場合によっては、

別れる理由に納得できないときが、あるかもしれません。

 

ですが、恋愛とは、相手あってのものです。

 

 

相手がそう思った気持ち、そう感じた気持ちを、あなたがどうにかしようとするのは、かなり無理があります。

 

シビアな話ですが、相手の別れたいという気持ちが変わらないのであれば、それがどんな理由であっても、受け入れなくてはなりません。

(それがとても苦しいし、受け入れがたいことだというのは、重々分かります。)

 

 

自分がどうにかできる部分は限られている、と心に据えることで、自分がどうすべきかの方針が見えてくるのです。

 

 

 

具体的にどうしよう?

 

・できるなら別れるまでの期間を設ける

・素直な気持ちを伝える

・別れることを視野に入れる

 

別れを切り出されたときにできるのは、このくらいです。

 

中には気持ちの持ちようといったところもありますが、 別れる覚悟を決めることで、取り繕わない、率直な気持ちが伝えやすいという利点もあります。

 

 

それができればあとはもう、お相手の出方次第です。

 

別れずにまた付き合っていくことになるかもしれませんし、気持ちは変わらないかもしれません。

 

どんな結果になろうと、私たちはあなたが納得してこれからを歩んでいけることを、大事にしてほしいと思っています。

 

 

このページが、あなたの方針を決める一助になれば、幸いです。

 

 

 

※個別で相談事があれば、ぜひ会員サイトまで。

今のあなたにあった、あなただけの回答をご用意します。