p-mag

恋愛相談/心の栄養

うまくいかないときほど、気持ちを解く(ほどく)。/ 彼氏と喧嘩が多くなってきた

f:id:pua-tokyo:20181208223444j:plain

 

「最近喧嘩が多い」

「喋るたびに、いがみ合ってしまう」

 

どんなカップルにも、そういう「うまくいっていない時期」というものは、あります。

 

最初こそラブラブで、一緒にいるだけで本当に幸せな時間を過ごしていたのに、何かの拍子に喧嘩や衝突が多くなってしまった。

 

うまく立て直すこともできず、ギクシャクした関係のままでいるのは、お二人にとってあまりいい状態とは言えないでしょう。

 

 

なぜそうなるのか?

 

そうなってしまう原因は、一体なんなのでしょうか。

 

ものすごく簡潔にいうと、付き合い当初ほどの心の接近が、徐々に落ち着いてきたからといえます。 

 

世の中を見渡してみても、付き合ったときのあのラブラブ加減を、何十年も保っているカップルは、ほとんどいません。

 

気持ちがだんだん落ち着いていく、というのは、どんなカップルであっても必然といえますし、それが悪いわけでもありません。

 

ただ、それがきっかけとなって関係性が不安定になっていくことがある、というわけです。

 

 

素直さを大事にする

 

お互いを分かり合うための喧嘩は、あっていい、と私たちは考えています。

 

 

 

お互いのすべてを受容すべきとも思っていませんし、違った価値観を持っているのは当たり前ですので、いかに折衷していくかということの方が、はるかに大事だと考えています。

 

ですが、一つだけ気にかけてほしい点があります。

 

 

それは、素直さを大事にするということです。

 

なぜか。

それがないと、お互いが悪いと思っている点をぶつけ合うだけになるからです。

 

 

 

 

「本当はさみしいだけなんだけどな」

「彼氏に伝えたいことって、本当はなんだろう」

「私だけ好きな気がして不安なんだよ」

 

他にも色々あると思いますが、なるべく自分の素直な気持ちを理解しておくことができれば、言う内容はガラリと変わるでしょう。

 

本心からブレずに言いたいことが言えるので、変にこじれる可能性も低いです。

 

 

「どうしてそんなことするの?!」

「普通そんなこと言わないでしょ!」

 

と相手の行動や態度を指摘して、「どっちが悪いんだ論争」を繰り広げたところで、一向に関係は回復しません。

 

そうならないために、あなた自身のありのままの気持ちを知ることが、何より大切なのです。

 

 

また、特に喧嘩しているときは、怒りやイライラなどで、本心が見えなくなります。

 

本音に気付こうと思っても難しいでしょうし、何より、心理的に気付きたくないということも十分考えられます。

 

 

だからこそ、一度じっくりと気持ちを見つめ直すことで、自分が本当はどう思っているのかを知り、恋人と対峙するときの心境を変えてみるのがいい、ということです。

 

 

 

気持ちを解く

 

色々な事情や心の動きがあって、自分でもどんな状態なのかよく分からない。

 

恋人とあまりうまくいっていないときは、まず、そんな自分の心をじっくり見つめてみてください。

 

絡まりまくったイヤホンのコードを丁寧にほどくように、「私はこう思ってる」「本当はこんな気持ちだ」と、一つずつ、言葉にしていけば、きっと以前とは違った心持ちになれるはず。

 

 

あなたがまた、恋人と幸せな日々を過ごせることを、願っています。