p-mag

恋愛相談/心の栄養

相手に迷惑をかけてしまうのでは?と不安。/ 本当の気持ちが言えない

f:id:pua-tokyo:20181207135607j:plain

 

できることなら、傷つかずに恋愛を進めたい。

本音を言えば、皆そうでしょう。

 

好んで傷つきたがる人はいません。

 

たとえば好きな人に告白できないと悩む人がいても、

100%振られることがないと分かっていたら、

楽勝で行動に移せます。

 

ですが、残念なことに(?)、

傷つくことを避けられないのが、恋愛です。

 

 

 

相手があってのもの

 

恋愛は一人で完結するものではありません。

相手があってのことです。

 

「確実にこうすればうまくいく」「これが恋愛で正解の形」と言ったものは、ありません。

 

ですから、私たちは恋愛に「期待」して進めていくよりほかありません。

 

その期待を上回る楽しみや、その期待を裏切る悲しみなどに一喜一憂しながら、恋愛は進んでいきます。

 

局面を誰にもコントロールできない分、傷つかず恋愛をするということもまた、誰にもできないのです。

 

 

 

気持ちを封じ込めない

 

本当の気持ちを、相手に伝えられない。

 

そう悩む人は本当に多いです。

 

 

「こんなこと言ったら、相手はどう思うだろう」

「重い女と思われたくない」

 

そうやって自分を封じ込めていませんか。

 

 

傷つきたくない気持ち、本当によく分かります。

 

たとえば、「本当に幸せすぎる恋愛だ」、と噛み締めていて、それを失うのが怖いとか、嫌われたくないとか、そう感じるのも、よく分かります。

 

失うのが怖いと思えるくらい、幸福感を味わう恋愛は、本当に貴重です。

 

そんな恋愛は、欲しくてもなかなか出会えないものです。

 

 

だからこそ大切にすべきものだと思いますし、たとえ傷つくことになっても変に取り繕わず、全力でぶつかってほしい。

 

本音が言えない関係のままでは、先に進めません。

 

大切にしたいなら、大切にしたいなりの態度を、自分でも取ること。

 

 

このページを読んでいるということは、少なからず相手の気持ちへの理解に努めようとしている人だと思います。

 

そうやって普段から、相手の気持ちを気にかけることができるあなたが、本音を話すことで、相手に少しくらい迷惑をかけたって、足りないくらいです。

 

 

自分を封じ込めすぎなくてもいい。

 

ほんの少しだけでも、あなたのその大切な恋愛に、期待してほしいなと思っています。