p-mag

恋愛相談/心の栄養

恋愛におけるSNS / SNSとどう向き合う?

 

f:id:pua-tokyo:20181203194614j:plain

 

Instagramや、TwitterLINEなど、

今やSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は私たちの生活になくてはならないものになりました。

 

たとえば、恋人や片想いの相手との連絡手段や、

その人の近況を知るツールとしても用いられ、

 

もはやSNSは、恋愛において避けては通れないくらいのものになりました。

 

 

 

その反面、SNSに振り回されてしまう人も、多いのではないでしょうか。

 

SNS疲れ、という言葉も生まれたほどです。

 

それくらい、SNSが私たちの生活に密接であることは、もはや疑いようがありません。

 

 

 

今回思い立って、私たちが思う、

特に恋愛シーンにおいてのSNSへの見解を述べることにしました。

 

 

便利だけど、不便。

そんなツールを、指針を持たずに使うと、やっぱり疲れてしまいます

 

 

 

「最近SNSでの関わりが疲れる…」

「ネットでの関わりが面倒くさい…」

 

 

そんな人には、 

たくさんの人の思いが錯綜するSNSを、どう使っていくかの指標になるはずです。

 

自分の使うサービスを思い浮かべながら、読み進めていただけると、分かりやすいかと思います。

 

 

 

 

SNSに求めるもの

 

たとえば、Twitterは、使い方が多様なサービスです。

 

関心のあるアカウントをフォローすることで、そのトピックに関する情報が効率よく集まります。

 

また、自分が思うことをつぶやくこともでき、大衆に意見を発信することも可能です。

 

 

もっと細かく分けると多岐に渡りますが、

ざっくりとこの2点だけでも、使い方が全く違うことがわかります。

 

情報収集と、情報発信という、逆のベクトルの使い方ができるというわけです。

 

 

これはどういうことかというと、

同じサービスを使っていても、使い方が多様なぶん、個々人によって求める物が違うということ。

 

 

自分がこういう目的でこのサービスを使っているから、相手も同じ目的で使っているだろう、ということは言えないのです。

 

人の数だけ、使い方がある。

自分と同じ使い方とは限らない。

 

 

SNSで見せている「顔」

 

また、SNSは不透明な部分が多いです。

 

対面で話すわけでもないので、その人がどういう心境であるかを汲み取るのは、なかなか難しいですよね。

 

 

また、用途によってSNSを使い分けることもあります。

 

 

InstagramTwitterで発信する内容は違うという人は多いでしょう。

 

また、鍵をつけた秘匿性の高いアカウントと、広くオープンにしたアカウントなど、

 

同じサービスでも、複数のアカウントを使い分けているという人もいます。

 

 

つまり、

SNSでの一面が、その人のすべてではないということを、理解しておくべきです。

 

 

SNSに応じた「ペルソナ」。

その「顔」がその人自身のすべてとは限らない。

 

 

恋愛におけるSNS

 

 

SNSでの一面だけを切り取って、その人のすべてがそうだと決めつけるのは早計です。

 

「ここでは、その人のこの一面が出ているんだな」と、広い視野でざっくり眺めるのがいいでしょう。

 

 

SNSの「顔」だけで判断しないことで、いくらか余裕ができ、程よい距離感でサービスを使うことができます。

 

恋愛においても、「SNSは、相手の人となりを判断する一基準にはなるが、すべてではない」ことを理解しておくことで、偏ることなく、フラットにその人を見ることができるでしょう。 

 

 

これがあなたの指針になって、不必要に落胆したり傷ついたりすることなく、楽しくサービスが使えるようになれば、幸いです。