p-mag

恋愛相談/心の栄養

「恋人が異性の友達と会うのが嫌だ…」 / 束縛はアリか?

f:id:pua-tokyo:20181130214619j:plain

 

「彼氏が女友達と会うの、嫌だ…」

 

恋人に対して不安になる気持ち、とてもよく分かります。

 

自分に自信がなく、他の異性に取られてしまうかもしれない。

もしかしてチャンスがあれば浮気されるかもしれない。

 

懸念事項を挙げればキリがないくらいでしょう。

 

 

 

その不安な心の折り合いのつけ方が分からず、

「いやだいやだ」と感じてしまうのも、とてもよく分かります。

 

 

 

心までは縛れない

 

その不安をどうにかしたいという気持ちが、

「束縛」という形で現れることがあります。

 

 

私たちはこの束縛に関して、

出来るだけ避けるべきという立場を取っています。

 

 

なぜなら、お相手もまた、一人の人間だからです。

 

 


上記のエントリーでも書きましたが、

たとえば浮気を完璧に防ぐ方法はありません

 

それは、お相手が私たちと同じ、一人の人間だからです

 

私たちと同じように、感情があり、意思があり、自分の思うように生きています。

 

 

束縛とは、行動を制限することで相手をコントロールすることといえます。

 

あなたが何かの命令があったわけではなく、自分の自由意思で動いているのと同じように、相手も同じように動いています。

 

そんな相手をコントロールすることは、誰にもできません。

 

一時的には言うことを聞いてくれても、ずっとそんなことをされて限界を迎えたら、きっと逃げ出したくなるでしょう。

 

 

行動は制限できても、心までは制限できないのです。

 

 

 

できることは限られている

 

不安を感じたときにできること。

 

それは、相手を信じきることだけです。

 

 

こう書くと、絶望感を感じる人もいるかもしれません。

 

それくらい、もうどうしようもないことなのです。

 

 

ただ、たとえば「いい女でいようと努める」とか、「他の女の子がいるところに行ってほしくないなぁ」などと気持ちを伝えることは大事です。

 

 

できるのは、釘を刺すこと

その先は、もう相手次第なのです。

 

 

 

それでもなお、不安なとき

 

ここまで読み進めたあなたには、

「恋愛ってシビアだな…」という感想が芽生えたかもしれません。

 

 

どうしようもない気持ち、自分でどうしたらいいか分からない感情。

 

いろんな思いが湧き上がってくるのが恋愛です。

 

もしどうしても自分で処理できない、心の動きを感じたときは、私たちに話してみてほしいです。

 

 

 

心と向き合うこととは、自分を成熟させること。

 

そのときに生じる心の成長痛を、

少しでも和らげられたら、と思っています。