p-mag

恋愛相談/心の栄養

彼氏の発言がよく分からないとき/『その言葉を発させた心理』を見る

f:id:pua-tokyo:20181129135158j:plain

 

 

「なんでそんなこと言うの?」

 

と、彼の発言に頭を抱える人は、多いです。

 

 

たとえばそれが

 

人の神経を逆なでするようなものだったり、

人格を傷つけるような言葉だったりすると、

 

 

発言への疑問に加えて、怒りや悲しみといったネガティブな感情まで、引き起こしてしまいます。

 

 

その感情があまりに強いと、それに引っ張られてしまい、

本来知りたかった「発言の理由」が、より分からなくなってしまう、ということが起こってしまいます。

 

 

 

なぜあなたが、

彼の発言の理由を理解できないか。

 

 

それは、

発言を言葉通りに受け取っているからです。

 

 

言葉の内容に気を取られすぎて、

「それってどういう意味?」

発言の内容自体を過度に考え出してしまうのです。

 

 

もちろん、会話内容をないがしろにすべきではありません。

 

ですが、それよりももっと重要なのが、

 

「その言葉は、どんなときに発するものなのか?」

を想像してみることです。

 

 

 

 

発言の真意を視る

 

 前回、発言には意図がある、という話を、しました。

 

 

発言を点で見ると、本質を見誤ります。

 

つまり、発言そのものの内容という点に引っ張られすぎると、真意が分からなくなる、ということです。

 

 

そうならないために、理解しないといけないのが、

 

「この言葉は、どういうときに使われるものなのか」 

という視点です。 

 

 

 

簡単な例を出しましょう。

 

「ありがとう」という言葉は、どんなときに使いますか?

 

 

考えてみてください。

 

シーンによって変動はありますが、

たいてい、「感謝を伝える」ときでしょう。

 

 

好意をありがたく感じているときに、

私たちは「ありがとう」という言葉を発します。

 

 

 

これは分かりやすい例ですが、

 

このように、

「その発言は、どんなときになされるものなのか?」

 

を理解しておくことで、

相手の心情をより正確に感じ取ることができるのです。

 

 

 

 

結局、「言い方」は枝葉にすぎない

 

自分がどう思っているかを、どう表すか。

 

それはその人の表し方次第です。

 

 

本当に大事なのは、

どう思っているのかを正確に捉えることではないでしょうか。

 

 

「言い方」という枝葉を見るのではなく、

「感じていること」「本心」という幹を見る。

 

 

そのために、

 

恋人の発言がよく分からないと感じたときは、

 

「その言葉を発させた彼の心理」とは何だろう?

 

という視点を持ってみてください。