p-mag

恋愛相談/心の栄養

恋愛って必要? ひとりの方が気楽じゃない?

f:id:pua-tokyo:20180709223041j:plain

 

「恋愛って必要なの?」と、疑問に思う人もいるでしょう。

 

みんなが恋愛で盛り上がる意味がわからない、と。 

 

「そんなに恋愛って大事?」

「恋愛って必要?」

 

 

その問いに答えるのであれば、

必要ありません。

 

 

 

自分以外の人間に構うより、ひとりでいる方が気楽でしょう。

 

 

恋愛なんて自由意志に基づいているものですから、「恋愛する」という選択を取らないからといって、誰かに責められる筋合いはありません。

 

 

 

 

しかし、

それでも世の男女の多くは恋愛をし、

ふたりだけの関係を育んだりしています。

 

 

それは一体なぜなのでしょうか?

 

明らかに面倒なことなのに、それを進んで行うのは、どういうことなのでしょう?

 

 

 

面倒なことが一切ない世界

 

想像してみてください。

 

面倒なことが一切ない人生を。

 

 

一見、素晴らしい世界のように思えますよね。

 

 

面倒なことばかりな人生よりも、それらがない人生の方が、幾分生きやすいでしょう。

 

 

ですが、面倒ごとが一切なくなったとして、その結果何が得られるのでしょう?

 

一体何のために、気楽さを求めているのでしょう?

 

 

 

手間暇かけることで、得られるものもある

 

心血を注いでいた、学生時代の部活動を、一生の思い出だという人がいます。

 

大きな結果を残したわけではないが、あのとき懸命に打ち込んでいた日々は、自分にとって大事なものだ、と。

 

 

きっと楽なことばかりではなかったと思います。

辛いことも悲しいこともあったと思います。

 

ですが、自分がそこまで力を入れて頑張っていたことが、「その人の礎」になっている。

 

 

それを「無駄じゃん、必要ない」と切り捨てることが、果たしてできるでしょうか。

 

 

 

結局、恋愛っているの?

 

ここまで投げかけておいて何ですが、

 

「恋愛は必要か、不必要か」

と問われたならば、

やはり「必ずしも必要とは言えない」という結論に終始します。

 

 

ですが、

「要る・要らない」「コスパ」「損得」

などといったものでは測れないことが、人生にはいっぱいあると、私たちは思っています。

 

なぜなら、意味や目的を行動基準にすると、どんどん心が圧迫されていくからです。

 

 

特に恋愛では、画一的な尺度ではなく、様々な角度から物事を見られることで、恋人やパートナーの理解に役立つことが多々あります。

 

 

私たちが日々更新するコラムを通して、あなたの中に新たな考え方、見方が生まれたとしたら、それに勝る喜びはありません。