p-mag

恋愛相談/心の栄養

恋人の「居場所」であれ。 / 彼氏・彼女の一番の理解者になるには?

f:id:pua-tokyo:20181113032857j:plain

 

「彼氏が何を考えているのか分からない」

どうせ私の気持ちなんて分からないんでしょと言われた

 

 

 恋人の気持ちがどうも分からずに、悩んでいる人は多いです。

 

 

 

恋人の良き理解者になりたい、と思って、自分なりに一生懸命耳を傾けているのに、「そうじゃない!」と言われてしまう。

 

「分かってるよ」「理解してるよ」と伝えても、「そうだね」と冷めた態度を取られる。

 

 

 

あなたが愛する人の本当の理解者になれないのは、

「理解できないこと」を理解できていないからです。

 

 

 

理解の深さ、 理解の度合いを考えることで、自分が分かってあげられること、分かってあげられないことが見えてきます。

 

 

それらを分かっているなら、そう簡単にお相手のことを「分かっている」なんて、とても言えないはずなんです。

 

 

 

 

 

 理解には違いがある

 

あなたが大切な人の気持ちを分かってあげたいという思い、よくわかります。

 

ですが「理解」とは、状況に応じて、その度合いに差が出てきます

 

 

 

たとえば、

「私こんなことがあって、今すごく悲しいんだ・・・」とパートナーがふと漏らしたとき。

 

 

 

それと同じ出来事を体験した、という場合。

 

それと同じ出来事ではないが、近しい経験をしたことがある場合。

 

その経験はない場合。

 

 

 

この3つだけでも、「理解」の度合いは全く違うでしょう。

 

 

自分に経験があることなら、ないことよりも深い理解ができるでしょう。

それに近い経験があれば、似ている点を基にして、想像できるところがあるかもしれません。

 

 

このいずれも考慮せず、すべて一緒くたにして 「分かってる」と言うことが、いかに安易な発言か、理解できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 それを踏まえて、理解してあげたいという姿勢が大事

 

できるならパートナーへの深い理解をしたいものですが、状況やその内容によって変わってきます。

 

 

自分ができる理解の範疇は、限られていること。

 

それを分かった上で、理解しようという心がけを持っていてほしいと思います。

 

 

 

 

なんとか分かろうと状況を思い描いてみたり、自分の近い経験と照らし合わせてみたり。

 

たとえ完璧には遠くとも、そこまでイメージしようと努めてくれる人がいるだけで、私たちは十分ありがたさを感じるものです。

 

 

自分の存在を大きくしてくれる、自分がいていい理由を与えてくれる。

 

あなたが恋人の「居場所」であってほしいなぁと、私たちは思っています。

 

 

 

併せて読みたい: