p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

片想い(アプローチ)における「正しい思考回路」。片想いを成就させるために必ず知っておくこととは?

 

f:id:pua-tokyo:20181108223401j:plain

 

人生とは、選択の連続です。

 

意識的にせよ、無意識的にせよ、あなたも私もさまざまな選択を行っています。

 

「お昼ごはん、何食べよう?」

「今日着ていく服どうしよう・・・」

 

あなたが生きている限り、常に何かの選択をしていますよね。

 

 

それは、恋愛においても同じです。

 

「なんてLINEを返そう?」

「初デートはどこがいいかなぁ」

「いつ告白しよう・・・」

「どうやって話しかけようか・・・」

  

 

など、自分自身の願望を叶えるために、あなたは、常に選択をしています。

そしてその願望を叶えるためには、常に正しい選択をしている必要があります

 

 

ですが、ほとんどの方が正しい選択が出来ず、失敗ばかりしているのです。

 

そして、気になるお相手から断られても、「それがなぜなのか」という本当の答えを知らないままでいます。

 

 

 

 

恋愛の都度で正しい答えを導き出してくれる」。

ドラえもんのひみつ道具のようなものがあれば、困ることはありません。

 

 

ですが、世の中はそんなに甘くなく。

残念ながら、そんなひみつ道具はまだ開発されていません。

 

 

しかし、あなたが数々の恋愛シーンにおいて、間違った選択をしてしまう原因は、もう分かっています。

 

それは、恋愛のアプローチにおける、「正しい思考回路」を身につけていないことです。

 

 

あなたが片想いの相手と接しているとき、いつだって、瞬時の決断を求められます。

 

特に会話なんて、返事をいちいち熟考している暇はありません。

即座に正しい言葉を返さなければなりません。

 

 

いつ告白しようかなんてLINEで返そうか、の選択もそうです。

あなたがどうしようか迷っているうちに、チャンスはどんどん逃げていきます。

 

逆に「えいやっ!」と勢い余って誘ってみても、タイミングが悪ければうまくいきません。

 

 

 

もしあなたが常に正しく選択できるのだとしたら、あなたの恋愛はどうなるでしょうか?

 

・意中の相手に話しかける最高のタイミングを見極め、

・スムーズにデートに誘え、

・会話でも、常に最適な言葉を選べて、

・最適なタイミングで告白ができる。

 

正しい選択ができれば、あなたは、常にチャンスをモノにできます。

 

 

・迷って、迷って、結局失敗する人生

・一切の迷いなく、常に、最高の選択が出来る人生

 

 

どちらがいいかなど、聞くまでもありませんね。

 

 

恋愛を成就させたい。 

そのためにあなたは、片想いのアプローチにおける、正しい思考回路を身につけるべきです。

 

 

 

 

片想いにおける正しい思考回路

 

前置きが長くなりましたが、早速「正しい思考回路」をお伝えしていきます。

 

・お相手との関係性

・デートの誘い

・相手と接する態度

 

に分けてお話ししていきます。

 

これ以上に分けると、あまりにも左右される要素が多すぎて語りきれません。

あなたにあった具体的なアプローチについては、直接私たちにご相談ください。 

 

 

関係性を見極める

たとえば会社の同僚。

たとえば昔からの友人。

たとえば見ず知らずの店員。

 

自分と相手との関係性において、とるべき行動は規定されます。

 

まずはここを見誤ってはいけません。

 

 

「大人」と「幼稚園児」とで、あなたが話し方を変えるように、恋愛においても「相手との関係性」によって調整しないといけないことが多々あります。

 

たとえば接点がまるでなく、「相手が自分のことを知っているかどうかすら怪しい・・・」のであれば、それに適した行動を取らないといけません。

 

極端な話、自分のことも知らないような人に、いきなり「付き合ってください!」と告白しても、成功する可能性はほぼ0に近いです。

 (むしろ恐怖すら感じますよね・・・!

 

手段はともかくとして、まずは自分のことを知ってもらうところから始めるのが、正しい考え方です。

 

 

(↓この辺りは、以下の記事が参考になるでしょう。)

  

 

POINT1:相手との関係性を鑑みて、とるべき行動を決めること。 

 

 

デートの誘い

「いつデートに誘おう・・・」

と悩む人は多いです。

 

その前に。

恋愛感情を考慮せねばなりません。

 

 

デートに誘う、とは多少なりとも相手に「好意」が伝わるものです。

 

その好意の出方があまりに大きいと、相手は罪悪感を感じます。

 

つまり「重い」と思われるのです。

 

 

そのため、先ほどの相手との関係性も踏まえ、どのような誘い方をすべきかをしっかり考えるべきです。

 

たとえば、まだ2人で個人的な会話をするのもままならないのに、がっつりディズニーランドのデートに誘ったら、それは重すぎるでしょう。

 

 

また、好意の大きさは、相手が自分のことをどう思っているのかによっても受け取られ方が変わります。

 

(なんとなくでも)相手は自分のことを悪くは思っていないんじゃないかな・・・と思えるような材料がないと、なかなかデートへはこぎつけないでしょう。

 

  

POINT2:自分と相手の恋愛感情を考慮した、デートの誘い方をすること。 

 

 

 
相手と接する態度

片想いの段階において、好きな人の前では、なるべく自然体が望ましいです。

 

ですが、「それができたら苦労しないよ・・・」と言う人もいるでしょう。

 

そんな方達におすすめしているのが、いっそ自然体でいることを諦めるということです。

 


詳しくは上のコラムを読んでみてほしいのですが、私たちは誰しも、非常に鋭敏なセンサーを持っていて、相手の思惑や不自然さなどをすぐに察知する能力に長けています。

 

態度にそぐわない言動、振る舞いなどは、すぐに相手に見抜かれるもの。

 

ですので、まずは、諦める。

 

 

変に取り繕わず、下手にいいように見せようとせず、ありのままの自分でいこうと心がけてみてください。

 

  

 

POINT3:取り繕わない。自然体の自分を心がけること。 

 

 

 

 

来てほしい!

大きく3つに分けて、片想いにおけるアプローチの「正しい思考回路」をお伝えしました。

 

先ほども述べましたが、これ以上に分けると、あまりにも左右される要素が多すぎて語りきれません。

 

あなたにあった具体的なアプローチが知りたい方は、ぜひ直接私たちにご相談ください。 

 

 

 

悩みを解決する最高の方法は、同じ悩みをすでに解決した人に、直接その方法を尋ねる事です。

 

あなたの恋愛がうまくいくよう、ぜひ私たちをご活用ください。