p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

【基礎】恋人同士のコミュニケーション/彼氏(彼女)と良好な関係を築くには?

 

f:id:pua-tokyo:20181031234409j:plain

「恋人と良好な関係を築きたい」。

 

もしかすると今、このページを読んでいるあなたは、

そんな願いを持っているのかもしれません。

 

 

好きな人と共に、ずっと幸せでいられることは、

恋愛において、ある種究極のゴールとも言えます。

 

 

 

愛し愛されることで、お互いの存在を強く感じられる。

 

世のカップルが、そんな風になりたいと願うのは、

至極当然のことでしょう。

 

 

 

 

ですが、せっかく付き合ったのに、

 

・口を開けばケンカばかり

・お互いを尊重しない、されない

・「本当に自分のことが好きなの?」と感じる

 

こんな状態で、2人が幸せになれるとは、

なかなか考えにくいです。

 

 

私たちとしても、

せっかく好き同士で付き合っているお二人に、

そんな思いをしてもらいたくはありません。

 

 

 

そこで今回、

【基礎】恋人同士のコミュニケーションとして、

 良好な関係を築いていくための必須条件を、

あなたにお伝えします。

 

 

 

これを知ることで、あなたの恋人はもちろん、友人や知人と話すときの指針にもなります。

 

今後はぜひ念頭に置いて、会話をしてみてください。 

 

 

 

自分と他人は違う。

たとえばパートナーと談笑しているとき。

 

ふいに意見を求められたり、同意を求められたりすることがあります。

 

このときに、相手と自分が違う意見を持っていたとき、あなたはどうするでしょうか。

 

 

 

「自分の意見とは違うけどとりあえず同意する・・・」

という人もいるかもしれません。

 

 

ですが、実際にそうしてしまったとき、

内心では「そう思ってないけどなぁ・・・」と感じ、

会話が重く感じることがありませんか。

 

 

あなたがパートナーと会話するときに、念頭に置いてほしいこと。

 

それは、

 

・自分の感じ方、価値観を大事にしつつも、それが他人と違うことがあることを理解している

 

・自分の価値観と違うからといって、相手の感じ方を否定したり押し付けたりしない

 

ということです。

 

 

他人と自分。

価値観は違って当たり前です。

 

全ての人が同じ意見を持っているなんてことはありません。

異なる物の見方を持っていて当然と言えます。

 

 

ですが、

「自分と意見は違うけど、そう感じた相手の感じ方自体は否定しない」

ことを意識してみてほしいのです。

 

 

 

そう感じたんだ。私は◯◯と思ったよ

とワンクッション入れているかいないかで、相手が思うあなたの印象はぐんと変わります。

 

会話とは究極のところ、自分の感じたことを伝えたい、共有したいというところにありますから、その感じ方を否定してしまうとは、ある種コミュニケーションの目的を逆行しているとも言えるのです。

 

 

 

話してみたい! 

あなたが思うこと、感じたこと。

恋愛で頭を抱えていること。相談したいこと。

恋愛に対する意見を聞きたいこと。

 

日々生きている上でたくさんの悩みや疑問が生まれてくると思います。

 

私たちはそんなあなたと、ぜひ話してみたいと思っています。

 

まずは、お気軽に私たちのコミュニティに遊びに来てください。

あなたが思うところを話してほしいです。