p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

「恋愛対象外」にならないための超基本的な部分。【当てはまった方は要注意】

f:id:pua-tokyo:20181028194621j:plain

 

 

私たちは普段、様々な人たちと関係を築いて過ごしています。

 

たとえば職場、学校、家庭、恋人関係など、それらは多岐に渡ることでしょう。

その中では、誰もができるだけ良好な関係を保ちたいと願うでしょうし、自分自身はもちろん、相手からも好意的に思われていたいものです。

 

他人からよく思われる」ことは、自分が相手に対してどんな行動をとるのか、反対に相手が自分にどのような行動をとるのかによって規定されます。

 

私たちが恋愛相談、特に片思いしている相手へのアプローチの相談に乗る際も、これに則った上でアドバイスをしています。

 

具体的には、大別すると3つだけです。

「言動・態度・ルックス」

たったこれだけ。

 

「そりゃそうだ」と思われるでしょうが、この3つの何をどう変えていけばいいか、明確に答えられない人が、その実多いのです(だからこそ相談に来られるわけです)。

 

 

 簡単ではありますが、超超超基本的な部分を以下にまとめてみました。

 

なぜあなたの恋愛がうまくいかないか。

もしかしたら以下に当てはまるところがあるからかもしれません。

 

当てはまるところがあったら、必ず改善してください

 

 

 

 

言動・態度・ルックス

 

好意的に感じる行動を考えるとき、反対にどんな行動に嫌悪感を抱くかを想像すると分かりやすいです。

 

まず考えられるのは言動です。

 

相手を傷つけるような無神経さ人を見下したり差別的な発言をする場面に出くわすと、私たちは誰でも嫌な気分になります。

その他にも言い訳責任逃れなども挙げられますね。

 

言動に付随して態度も重要です。

必要以上に善人ぶる、人によってあからさまに態度を変えることや、裏で陰口を言うなどでしょうか。

鬱々とした雰囲気消極的すぎるなども、苦手だと感じる人は多いです。

 

図々しさ」もそうですね。

人に迷惑をかけても平気でいられる態度を、好む人はなかなかいないでしょう。

 

 

そして最後に、ルックス

・・・シビアな話ですが、外見はかなり大きなウエイトを占めます。

 

これは何も顔立ちなど先天的な部分ではなく、たとえばファッション髪型などの部分で、その人の好みから外れると、あまりいい印象は持たれないという意味です。

 

 

たとえば清潔感という万人が持つ尺度も大事なのは、想像しやすいですね。

 

 

 

まとめると

 

「自分本位」なところが垣間見れると、あまり人はいい印象を持たないということが考えられます。

 

つまりは何事も「他人目線」を持てているかどうかによる、ということ。

 

他人が見て不快な思いをしないような言動・行動・見た目を心がけることで、幾分良好な関係が築けることでしょう。

 

恋愛においてももちろん大事な視点で、絶対に外さないでほしいところですが、人間関係などでうまくいかないな、と感じるときも、「他人にはどう見えているのだろうか」という視点を持って、対峙してみてほしいです。

 

 

 

 

今週の【会員限定コラム】 

f:id:pua-tokyo:20181009021917p:plain 

【p-mag news opinion(木曜・土曜更新)】

 
p-magが触れた今週のニュースの中で、「言葉」「心理的」「恋愛」「コミュニケーション」などの観点から気になるものをピックアップし、私的なコメントを掲載するコーナーです。
基本的には、タイムリーで多様なニュースとコメントを読んで心の栄養にするという主旨です。 

 

 

【No.8】モデルの仕事・ニンテンドースイッチに見る発想法・東京ディズニーリゾートあるある【木・土更新】