p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

文句を言いたくなるとき【自分をコントロールする】

 f:id:pua-tokyo:20181003020409j:plain

 

つい文句を言ってしまう、という場面が、誰しもあると思います。

 

楽しい人といられたら、楽しい時間を過ごせますが、「ずっと文句ばっかり言っている人」と一緒にいると、どんどん疲弊していってしまいますよね。

 

 

納得できないことを主張するのが必要な場面もありますが、できるならあまり文句を言い過ぎないようにしたいもの。

 

もし自分が「何かにつけて文句ばかり言っているなぁ・・・」と心当たりがある場合は、以下の項目を参考にしてみてほしいです。

 

 

 

①自分に原因があると考えてみる

②対案・代替案を考えてみる

③「意図的」に相手を悪者にしていないか考えてみる

 

 誰もが少なからずネガティブさを持ち合わせていますが、それが理不尽に外に出ると、あまりいい印象は持たれないでしょう。

 

まずは一旦状況を整理して、少なからず不服を申し立てられるだけの妥当性があるかを考えるようにしてみれば、大きな失敗はないでしょう。

 

もちろん考え方だけで何ともできるわけではありませんが、心がけを持っているだけでも、じわじわ改善されるもの。

 

不平不満を言いたくなったときは、まず一旦、3つの視点を考えてみてほしいです。