p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

どうしようもなく途方に暮れて、絶望しているとき

f:id:pua-tokyo:20180928213058j:plain

 

人間とロボットの違いは、心の有無にあります。

 

 

喜怒哀楽とか、気分、気持ちよさなど、感情や気持ちの揺れ動きを感じられるのが人間です。

 

車の運転のように、ハンドルを握って操作できればいいのですが、心の動きは私たち自身でコントロールすることはできません

 

心を殺して多少制御することは可能ですが、それでもたとえば気持ちの発生などを完全にコントロールすることは、できないようになっています。

 

 

生きていく上で、どうしようもなく絶望したり、辛い気持ちになることは、残念ながらあります。

 

そんなときには、他人からの「頑張れ」が重荷に感じたり、また、いくら自分を奮い立たせても、立ち上がれなかったりするときだって、あるでしょう。

 

もしあなたが今まさにそんな状態で、途方に暮れているのであれば、まずは気持ちが元の水準に戻るまで、待っていてほしいのです。

 

 

気持ちの回復には個人差があるし、いつになればまた立ち上がれるかは誰にも分かりません。

先が見えない分、これからどうしよう、と将来への不安で頭がいっぱいになることでしょう。

焦ったり、何もしていない自分に苛立ったりすることがたくさんあると思います。

 

 

ですが、とことん、とことん落ちた先に自分の本当の性格、地力が見えてくるのです。

 

そこでようやく、自分すらも知り得なかった本当の自分が見えてきます。

そして、「今後どうしていこう?」と動き出すきっかけが生まれるのです。

 

望みを失ったとき、希望が陰ったとき、穏やかではない心中が続きますが、もしそんなときは、とことん時間をかけていこう、と構えてみてほしいです。

 

 

 

余談:

そして何か思うところがあったら、私たちに話してほしいです。

誰かと話すことで広がった視野が、新たな自分を見つけてくれることもあります。