p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

価値観を切り捨てないこと。万感の思いが詰まっている。

f:id:pua-tokyo:20180927232727j:plain

 

一見何の意味もないように思えることに、他人が労力を費やしているシーンを目の当たりにすることがあります。

 

自分の価値観からすると「何のためにしているんだろう?」と、思ってしまうようなことをやっている人を、あなたも一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか。

 

趣味などを連想してもらえると、分かりやすいかもしれません。

 

たとえば収集癖のない人から見ると、コレクター気質のある人の心情はあまり理解できないでしょうし、プロレス観戦を楽しむ人の心持ちもまた、そういった趣味のない人にはなかなか分かってもらえないでしょう。

 

 

このグッズは限定品だからなかなか手に入らなくて〜・・・」とか、「◯◯選手の試合はすごくて〜・・・」などと言われても、同じ価値観を共有していないと「???」となってしまいます。

 

ですが、その人の価値観で大事にしていることには、万感の思いが乗っていることがとても多いです。

 

これまでの経験を投影していることもあるでしょうし、それをすることがその人の心の安定に繋がっていることも当然あるでしょう。

 

自分の価値観と違うからといって、全く理解を示さない姿勢を取る前に、一度「その人の思いが詰まっている」という視点を持ってみてほしいです。

 

その人にとってどれだけ大事なことなのかは、なかなか外側からは見えにくいものですから、少しだけでも思いを馳せるということをやってみてほしいです。