p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

自分の調子を整える。土台を固める。

f:id:pua-tokyo:20180921014809j:plain

 

土台がグラグラだと、その上に何も建てられないように、私たちが何かをやろうと発起しても、心が安定していないと、頑張れないことがあります。

 

 

気持ちばかりが先行して、行動が伴わず「どうして自分はダメなんだ・・・」と自己嫌悪に陥ってしまう人も、中にはいらっしゃると思います。

 

ですが、それはあなた自身ではなく、あなたが置かれている環境にも十分原因があると考えられます。

 

 

ぬかるんだ地面ではなかなか踏ん張りが効かないように、あなたを取り巻く環境が揃っていないと、あなたの気持ちも行動にまで届かないことがあります。

 

もちろん、環境に左右されずやるべきことを全うできるなら、それに越したことはありませんが、人生はときに人智を超えたことがゴロゴロと起こってくるので、なかなかそうはできない場面もでてくるでしょう。

 

そんなときは、一度時間を置いてみて、「土台固め」を意識してみてほしいです。

 

 

たとえば精神的に不安定だったり、恐怖や不安に感じていることがあったりと、「心の安らぎが得られていない」と自覚できるのであれば、そちらを解決できないか考えることを優先してみるのもいいでしょう。

 

心が不安定なままだと、できることも中途半端で終わってしまったり、いまひとつ身が入らなかったりします。

 

 

物事に取り組むときには「自分の調子を整える」という視点を持ってみてほしいです。