p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

当たり前の価値

f:id:pua-tokyo:20180914005404j:plain

 

たとえば通勤途中や通学路の景色。

 

いつも見る風景は、いつの間にか日常に溶け込んで、それが当たり前であるかのように感じていきます。

 

何度も繰り返されることについては、いつしか「当然」という評価がつき、その「価値」を忘れやすいものです。

 

 

失ってから大切さを知る。

よく言われる言葉ですが、とかく私たちは「当たり前」の価値を分かっているようで分かっていないことが多い気がします。

 

 

今自分が当たり前だと感じていること。

 

それらを振り返ってみると、どんなに助けられていたかが分かります。

 

身近な例だと、電気やガス、水道など。

もはや生活に溶け込んで、その価値を忘れてしまっています。

 

たとえば、家族がいつも言ってくれる「おかえり」も、恋人が携帯のメッセージで送ってくれる「好きだよ」も、もしかしたらあなたにとって当たり前なのかもしれません。

 

ですが、ふとしたときに、この話を思い返して見てほしいのです。

 

 

 

当たり前になったことは、価値を忘れさられやすい。

 

それこそ「当たり前」な話ですが、だからこそ、覚えていてほしいと思います。