p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

モノクロの毎日。色づいた日々を過ごすには?

f:id:pua-tokyo:20180906234701j:plain

 

漠然と毎日がつまらない」と感じることはありませんか。

 

もっと楽しいことをして過ごしたいのに、変わり映えのない毎日を過ごしているようで、なんだか物足りない。

 

そんなときにやってみてほしいことをまとめてみました。

 

 

多少無理してでも変化を起こす

 

自分で何か変化を起こすことを心がけてみましょう。

 

変わり映えがないなら、自分で変わるように行動してみる。

シンプルですが、かなり合理的と言えます。

 

日常をガラリと変えなくても、例えば違う道を通って通勤してみるとか、今まで行ったことのないお店に入ってみるとか、そんな些細なことでも構いません。

 

今までと違う変化を促す行動をすると、新しい発見が生まれるかもしれません。

 

 

 

ルーティーンを見直す

 

毎日決まりきったかのようにやってしまっていること、つまりルーティーンを見直す機会を設けてみてください。

 

積み重ねることで成果が出ると考えられるもの」は、そのまま継続してOK。

 

積み重ねてもいい結果が見込めないもの」は、この機会に改めてみましょう。

 

 

ルーティーンの中には、意外と「やっていてもいい結果にならないと薄々勘付いている」ものが多いです。

 

長期的視点」で物事を見るように心がけ、できれば定期的に振り返ってみるのがいいでしょう。

 

 

 

「これでいいのか?」という声に耳を傾ける

 

誰だって、日々を楽しく過ごしたいものです。

幸せな日々を送れたら、何よりです。

 

ですがどうしてもそれができないときだって、長い人生、一度くらいはあります。

 

そんなときに、「これでいいのかな」「どうしてこうなったんだろう?」という心の引っ掛かりを大事にしてほしいです。

 

そんなふうに感じる時は往々にして、心からのサインです。

 

なんか退屈だなぁと感じたときは、またこのページに戻って変化のきっかけをつかんでもらえたら・・・と思っています。