p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

必要とされたい。大人になってからの居場所。【 in the place to be】

f:id:pua-tokyo:20180815191813j:plain



 

誰だって、必要とされたいという思いは少なからずあると思います。

 

人から感謝された。
誰かの役に立てた。

 

そういうときに嬉しさを感じるのは、自分が提供できるものにいくらかの価値がある、自分が必要とされたんだ、と感じるからではないでしょうか。

 

 

でも、その嬉しさは長くは続かなくて、のちに、「利用されたくない」という思いが顔を出すことも、あります。

 

役に立つとか、提供できるものの価値だけをピックアップされると、「自分じゃなくてもいいんじゃないか」と感じることがあるからです。

 

 

他ならぬ「自分」を必要とされたい。

他の人の代わりに求められたくない。

 

特に恋愛シーンだと、そういう気持ちを感じる場面が多いです。

 

 

ですが、皮肉なことにも、誰かの役に立つとか、注目を浴びるとか、私たちはそういうことがあって初めて、他人という存在を色濃くできるのです。

 

 

 

 

何は無くとも、ここにいられる。

大人になると、そういう居場所って、なかなか作るのが難しかったりします。

 

私たちは現在、このサイトの更新と並行して、定期的にライブストリーミング(配信)を行なっています。

 

少しでも楽しんでもらえたら、日々の活力になれたら、という思いで配信していますので、ご興味がある方は、またちらっと覗いてみてほしいです。

 

このサイトや配信が、あなたの居場所になれば、それに勝る喜びはありません。