p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

フラッシュバックは「掘り下げよ」。乗り越えるべきベストタイミング【対処法】

f:id:pua-tokyo:20180625210210j:plain

 

ふとしたときに「嫌な記憶」を思い出すって、誰にでもあると思う。

本日は、そんなお話。

 

フラッシュバックは「振り返る機会」

 

過去の嫌な出来事が、ふとしたときに顔を出す。

 

そんなときの自分の心情は、あまりよろしくない。決してポジティブだとは言えないだろう。

私も稀に、いわゆるフラッシュバックすることがある。

何が引き金になったのか分からないが、急に訪れてくるので、困ったものである。

 

が、最近はこの「フラッシュバック」をいい機会だと思えるようになった。

 

 

嫌な記憶が思い起こされたときは、必ずそのシーンを「振り返る」ようにしていて、

「なぜその記憶が嫌なのか」

「どういう感情が生まれたのか」

「特にどういうところが嫌なのか」

などを紙に書き出している。

 

フラッシュバックに関して自分なりの仮説があって、記憶が呼び出される時というのは、「掘り下げるべきタイミング」であると考えている。

 

実際、上記の項目を考えてみて言葉に記してみると、驚くほど心がクリアになる。

書き記す量は、その記憶によってまちまちだが、基本的にスッキリするまで延々と紙に思いをぶちまけている。

書いているうちにその記憶自体が小さく思えて、終いにはどうでも良くなる。

 

 

心が整理されると、本当に清々しい気持ちになるし、次のステップに進むきっかけになる。

 

何にせよ、「立ち往生してないで、乗り越えろよ。」という自分からのメッセージとして、受け取るようにしている。

 

 

最後に

問題をそのまま放置していても、何も変わらない。

試してみる価値はあると思うので、あなたもぜひやってみてほしい。