p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

目標達成したいなら、「抽象レベル」と「具体レベル」のセットで考えよ!!

f:id:pua-tokyo:20180622005413j:plain

 

何が何でも達成したい目標がある

本日は、そんなあなたに向けてのお話。

 

セットで考えるべき2つの目標

何か達成したいことがあるとき、考えてほしいことが2点ある。

 

ひとつは、「何のために?」という視点。

もうひとつは、「確実な行動計画は?」という問いである。

 

「あなたの目標は何ですか?」

と聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか。

思い浮かんだ目標は、先ほどの例のどちらに当たるのか、考えてみてほしい。

 

前者の「何のために?」という視点は、「抽象レベル」な目標である。

長期的な視点であり、「理想」ともいうべき目標だ。

 

反面、「確実な行動計画」を問う場合は、「具体レベル」な目標となる。

「〇〇までに」など、5W1Hがはっきりしており、「確実に」実行できる目標だ。

 

抽象レベルにせよ具体レベルにせよ、どちらだから良いというわけではない。

むしろ、どちらか片方だけでは、足りない

大切なのは、セットで考えることなのである。

 

 

例えば、「世界中の人を笑わせたい!」という目標を持っている人と、「毎週日曜日にお料理教室に通って、作れる料理のレパートリーを増やす」という目標を持っている人がいたとする。

 

前者の場合、「具体的にどうやって?」と突っ込みたくなるし、後者は後者で「何のために?」という疑問も湧いてくる。

確実な行動計画がなければ、いつまで経っても目標は達成できないし、かといって何のためにやっているのかすら明確でなければ、それはもう本末転倒である。

 

「目的は何か、そのための行動計画はどんなか?」というセットで考えることで、ようやく目標設定は実現へと進み出す。

そうした具体・抽象レベルの目標がはっきりしていると、手段が目的化することもなくなる。

 

目標設定の際は、ぜひ参考にしてもらいたい。

 

 

関連:

【コラム】夢を叶えるとは? 行動してないなら叶いっこないよ。 - Update Mag

 継続できる人、できない人【習慣づけたい・三日坊主】