p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

相談を聞くときは、何に注意すればいい?【聞く姿勢とは。会話の基本】

 

f:id:pua-tokyo:20180604224750j:plain

 

先日、ひょんなことから友人の悩み相談を受けることになった。

本日は、「人の話を聞く」ときとか、「相談に乗る」ときなどに大切だなとしみじみ思ったことを、あなたにシェアしたい。

 

発言から心情を汲み取る

言葉の選択とは面白いもので、自分の心理がモロに影響される。

 

当然、あなたの話し相手も同じだ。だからこそ、相手がどういう心情でそれを言うに至ったのか相手がどういう意図でそれを言ったのかには敏感でなければならない。これを察することができて、尚且つ配慮も行き届かせられるなら、その人はもう間違いなく魅力的な人であるし、また、相手は安心して内面を吐露できる。

この人はこういう風に感じてたんだな」「こう思われたいんだな」とか、聞き手である自分が、相手の言葉の節々から、いま相手がどんな状態なのか何となしに感じ取って相手のニーズを埋めてあげられたら、それはもう相手にとってもありがたい事である。 

 

そもそも何のために会話する?

相手のことを考えながら話すとか面倒くさい・・・

そう感じている人は、要注意である。

 

あなたが誰かと会話するのは、一体なぜだろうか。

社内の人間関係を円滑にするため。好きな人に好かれたいため。もっとその人のことを知るため・・・

他にも様々な理由があるだろうが、どんな理由でも、相手とのコミュニケーションを図るためというのがほとんどであろう。 

 

一方的に話すことは、会話の体を成していない

つまり、あなたが相手を顧みず、ただ自分の喋りたいようにベラベラ喋っているなら、はっきり言って迷惑がられている

 

 

とは言っても、相手の心情を察するとか、そんなことできねーよ・・・」と思うだろうか。

確かにめちゃくちゃ難しいことだ。難しいし、それが正しかったかそうでなかったかは、相手からしか分からないから尚の事だ。

 

だが、相手あっての会話だということは、絶対に忘れないでほしい。

たとえ心情を汲み取ることができなくても、「そういう姿勢でいる」ことはできる。そんな視点があるかないかだけでも、聞き方も大きく変わってくる。

 

言葉からでなくても、TPOや相手の様子なども気に留めることができれば、それはもう完璧である。

自分が緊張しているときに、「緊張しますよね。私もなんです」という一言があるだけでどれだけ救われることか。

 

 

特に相談に乗る際は、相手に手を差し伸べられる話の聞き方を、意識してほしい。