p-mag

恋愛/キャリア/人間関係

【コラム】不満はあればあるほどいい。ただし、そのままにしておくな。

f:id:pua-tokyo:20180517223536j:plain

 

不平不満はないに越したことはないが、

日常生活において不満や不便さを集めるようにしている。

 

はぁ?」と思う人もいるだろう。何でわざわざネガティブなものを?と感じるのも無理はない。不満や不便さというのはマイナスな言葉としてよく使われるからだ。

しかし私がなぜこれらを収集しているかというと、「どうすれば解消できるのか?」を考えるのが好きだからである。

 

不満が生まれるのは理想があるからだ。こうなってほしいという形があるが、満たされていないから心にわだかまりができる。そのわだかまりを少しずつ解かしていくのが私は楽しい。なぜならそれをすればするほど、自分が思う理想に近づいていくからだ。

 

私は、人よりも劣等感が強い。

「こうなりたい」という理想がたくさんあるし、だからこそ、それらを成し得ていない自分に不満ばかり感じている。しかし皮肉にも、それらをひとつずつ、頭を悩ませながら紐解いていくのが何よりも好きなのだ。

不満を感じたとき、それを愚痴で終わらせるか、飛躍のきっかけにするかは、他ならぬ自分次第だ。最近は本当にそれを痛感している。

 

 

物事は捉え方次第

何もかも無条件で受け入れるのではなく、「こうしてみよう」と視点を変えて見ることで、新たな着想を得ることができる。

 

なんか最近上手くいってないなぁ・・・」と感じるときは、この話を思い出してほしい。また、少しでもあなたの日常をプラスに変えられるよう、コラムを更新しているので、何度も足を運んでヒントを掴んでくれたらと思う。

 

 

 

▼まずは不満の原因を見つめ直してみよう