p-mag

恋愛相談/心の栄養

【保存版】恋人同士におけるLINEの心構え

f:id:pua-tokyo:20180516004421j:plain

 

我々がLINEを用いてやりとりするのは、

コミュニケーションの一環であり、心を通わせるためだ。

 

 

あなたが友達と会話しているとき、毎回小難しい話ばかりしているわけではないだろう。

 

もちろん関係性にもよるが、くだらないことを目的もなくだらだらと話していることも多いのではないだろうか。

 

 

仲良くなりたい人がいたら、たくさん会話したいと思うだろう。

 

会話することで、人となりをもっと知りたいと思うだろう。

 

 

 

LINEも同じだ。

 

特別なものだと思わなくていい。
会話をするときと何ら変わらない意識を持っていればいい。

 

 

 

ただし、会話以上に気をつけないといけないことがある。


頻度や返信ペースだ。

 

 

これは人によって本当に様々で、一括りにできない。

 

いくらメッセージをくれてもウェルカムだという人もいれば、返信自体がそもそも苦手だという人もいる。

 

だから最初は様子見でジャブを入れ、どうしても不安だったら聞いてみるのがいい。

 


相手のペースを顧みずにメッセージを送るのは、

ただ一方的に喋り続けているようなものだ。

 

返事がこないのも頷ける。

 

 

何度も言うが、

LINEをするのはコミュニケーションの一環であり、心を通わせるためだ。

 

一方通行な発信はコミュニケーションとは言えない。

 

巷では小手先のテクニックや方法論がよく語られるが、LINEを送る相手との関係の方がはるかに大事だし、あまり細かいことをこだわらなくてもいい。

 


基本的には会話の延長線上にあると思ってくれれば、大きな失敗はないだろう。

 

 

 

特に恋人へのLINEで悩んでいる方はとても多い。

 

恋人同士が近い感性を持ってメッセージのやり取りをしていればいいが、実際のところ大抵彼氏と彼女で温度差がある。

 

 

だから、

彼からのLINEの頻度が少ないとか、既読スルーされるなどで悩む。

 

「どうして返事してくれないの?」とか「彼氏なら普通、既読無視しないでしょ」と相手に文句を言って、ますます返事が来なくなった・・・という声もよく聞く。

 

 

気持ちはとてもよく分かる。

 

そういう時こそ、まずは一度深呼吸して考えてみよう。

 

 

私たちはなぜ、LINEやメールでメッセージを送り合うのか。

 

そうすれば少しずつ、なぜそうなってしまったのかのヒントが見えてくるだろう。

 

 

ぜひ、パートナーとの相互理解のためにLINEを用いてほしい。